あるあぷ

あるあぷ

Algorithms Upgrade In Daily Life !

あるあぷ

丸洗いとヤスリがけで革靴のシミ抜きを図る

(この記事は約7分でお読みいただけます。)

 

 

f:id:SATA_0326:20171208024309j:plain

革靴のシミ、厄介ですよね

 

皆様ご存知の通り、革靴はとにかく水や油に弱いものです。
少しでも雨に打たれようものならすぐに対処しなければもれなくシミになってしまいます。

油ジミの場合はプロに任せる以外諦めるしかありません。

かくいう友人から授かった靴(タッセルローファー)も、泣き寝入りするしかない油ジミを作ったひとつです。

 

友人曰く「随分前の事だけど、ファミチキ食べてたら落としちゃった。」との事。

f:id:SATA_0326:20171207075707j:image
器用に両足に落とすのはやめてよ...

 

そんなタッセルローファーが靴棚に眠っていたので、シミ抜き&メンテナンスをして履くなり売るなりしようと思いたった次第です。

宜しければお付き合いください。

 

 

 

 

 

 

使用する靴と用意する物

さきほど登場しましたALDENのタッセルローファー。

f:id:SATA_0326:20171207075801j:image

タッセルローファーなんて初めて買いました。
いざ履いてみると靴紐がない分脱ぎ履きしやすくて機能的ですね。

素材はカーフレザー、カラーはタン。

ALDENの使用するラスト(木型)の中では最も細身なAberdeen Last(アバディーンラスト)にて制作されています。

f:id:SATA_0326:20171205122220p:image

履けばさながらモデルのように細身で、足元だけでも美しく見えます。多分。

SHIPS別注なのでインソール(ハーフソール)にはALDENSHIPSのダブルネーム仕様となっています。

 

あと用意するものは一般的なメンテナンスセットです。

f:id:SATA_0326:20171207225259j:plain

  • シューキーパー
  • ステインリムーバー
  • デリケートクリーム
  • シュークリーム
  • コバインキ
  • ソールモイスチャライザー
  • 補修クリーム
  • ブラシ(馬毛、豚毛)

などなど。

 

 

 

準備

まずは靴の状態を見るためにステインリムーバーでシュークリームの化粧を剥がします。

f:id:SATA_0326:20171207075707j:plain

f:id:SATA_0326:20171207123915j:image

f:id:SATA_0326:20171207123826j:image

うーむ。

簡単には落ちないであろうシミや傷があります。

 

 

 

修復とメンテナンス

想像以上に汚れやシミ・色ムラが強いので、丸洗いする事にしました。

革靴って濡らしてはいけないイメージがあるように思いますが丸洗いできます。
丸洗いである程度の汚れやシミ・色ムラも落とすことが出来ます。

 

お湯を張ったバケツに容赦なくイン。

f:id:SATA_0326:20171207082653j:image

このまま浮いてこないように重りを入れて1時間ほどつけます。

長く漬けることで革の深部にまで水分が浸透していきます。
ハリのある硬かったカーフレザーがみるみるふやけて柔らかくなっていきます。

 

次に石鹸を泡立てて中も外も洗っていきます。

サドルソープという専用の石鹸もありますが、洗顔剤等でも問題ないと思います。
今回はサドルソープの到着が間に合わなかったので、ダヴのクリーンコンフォート泡洗顔を使いました。

f:id:SATA_0326:20171207121105j:image

泡で出てくるので使い勝手が大変良いのです。

 

場違いな場所で泡だらけにされるタッセルローファーに笑いながら作業を進めます。

f:id:SATA_0326:20171207082832j:image

汚れが落ちて泡が黒くなっていきます。

丁寧に泡を流したら、またお湯に1時間ほど浸けていきます。

f:id:SATA_0326:20171207084025j:image

このタイミングで紙ヤスリ(400番、1000番)を使ってタンのしつこい汚れを少しだけ落としました。

 

次に乾燥です。
ここからの工程は、型崩れを防ぐために常にシューキーパーや新聞紙を靴に詰めます。

靴の中に新聞紙をパンパンに詰め、風通しの良いところで立て掛けます。

f:id:SATA_0326:20171207084143j:image

踵を下にする事で重さによる型崩れを防ぎつつ、新聞紙と風で乾かすという算段です。
風通しの悪いところではカビが生えてしまいますのでご注意ください。

 

この日はあまり天気が良くなかったので、雨が降る前に取り込んでファンヒーターとシューズドライヤーで乾かしました。

f:id:SATA_0326:20171207084238j:image

雪国の冬は悪天候が多くてかないませんね...。

 

自然乾燥も含め、丸3日ほど乾燥。

f:id:SATA_0326:20171207084358j:image

f:id:SATA_0326:20171207084447j:image

タンの部分でシミが残っていますがこの程度は大丈夫です。
いくらでも誤魔化せます。

 

革は汚れと潤いが抜けてカサカサの状態ですので、ここからはデリケートクリーム等で潤いを与えていきます。

f:id:SATA_0326:20171207123040j:image

デリケートクリームを薄く塗布しては乾燥、を繰り返します。

 

待ち時間がもったいなかったので、乾燥過程でコバインキ(写真真ん中)とソールモイスチャライザー(写真左)でコバとアウトソールのメンテナンスを行いました。

f:id:SATA_0326:20171207121409j:image

デリケートクリームによって潤いが与えられた革には滑らかさと光沢が出てきます。

 

次にシミを隠していきます。
以前財布の傷を隠した時にも登場しましたサフィール補修クリームを使用します。

↓傷を修復した記事

sata-0326.hatenablog.com

今回はライトブラウンカラーです。
他にも相当なカラーバリエーションがあるので、どんな色でも対応していると思います。

f:id:SATA_0326:20171207084607j:image

相変わらずサフィールの薄め用クリームなど買っておりませんので、デリケートクリームで薄めて塗布します。

強固な塗膜が形成されるまでは放置しておくのが良いと思います。
説明書には20分ほどで良いとのこと。

 

ここまできたらあとは通常通りのメンテナンスを施していきます。

f:id:SATA_0326:20171207121720j:image

上の写真はデリケートクリームと補修クリームの塗布前ですが、何色のシュークリームを使おうかずっと迷っていました(笑)

せっかく明るい色合いが持ち味のタンカラーなので、一番手前のコロニルのライトブラウンを使用します。
シュークリームを少量塗布しブラシで革全体に伸ばす。
少々時間をおいた後、布で丁寧に磨きます。

f:id:SATA_0326:20171207122111j:image

見事な光沢!
ALDENのカーフレザーって当たり個体だとコードバン並に光る気がします。

 

これは好みでしょうが、最後につま先と踵をハイシャインにしていきます。
ローファーなのであえて鏡面までいかないハイシャインです。

今回はトラディショナルワックスを使用。

f:id:SATA_0326:20171207121944j:image

これは非常におススメしたいものでして、私が知っている限りでは一番鏡面磨きしやすいワックスです。

ハイシャイン・鏡面磨きについても後日記事にしていきたい所存です。
結構コツがいりますよね。

 

すべての工程が完了しました!

f:id:SATA_0326:20171208024117j:plain

f:id:SATA_0326:20171208024309j:plain

f:id:SATA_0326:20171207122114j:plain

f:id:SATA_0326:20171208024619j:plain

いかがでしょうか。

タンのシミや汚れもそこそこに隠れたのではないでしょうか。
補修クリームを盛ってシミを完全に隠すこともできますが、革の良さが消えてしまうと悪いのでこの程度で。

傷や少しの色ムラも相まって、味のあるタッセルローファーになったかと思います。

 

洗い立て&磨きたてはサラサラピカピカで履き心地最高です!

f:id:SATA_0326:20171208023515j:plain

 

 

 

あとがき

随分と需要がある(らしい)革靴リペア&メンテナンスでした。

革靴は履き心地とメンテナンス性、そして唐突なセミフォーマルな場でも対応できる柔軟性から履く方は多いと思います。

 

私もその魅力に取りつかれた一人です(笑)

f:id:SATA_0326:20171208023757j:plain

磨きたての靴は気持ちが良いですよね。

 

「おしゃれは足元から」

諸説ある言い回しですが、地に足がつく、人の足元を見るなど、足元でその人の品格を見極める諺が多くあります。

「靴の汚れで面接を落とした。」
「靴が綺麗だったから契約を結んだ。」

なんて話も聞きますし、お時間のある方はぜひメンテナンスしてみてはいかがでしょうか!

丸洗いやヤスリがけ工程は、失敗すると色ムラになる可能性がありますので十分ご注意ください。
自己責任でお願い致します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

いろんな商品を使ったらリンクでまとめて欲しいとご要望をいただきましたので、以下にまとめてみました。
よろしければお使いください。
(「欲しいものがきっと見つかります」の表示はAmazon側のエラーとのことです。もし表示される場合は、時間をおいて再度お試しください。)

 

拝啓DTMer、2017黒金&CMで何を購入しましたか

(この記事は約4分でお読みいただけます。)

 

 

f:id:SATA_0326:20171128073307p:plain

年末商戦を控えて売り上げが伸び悩む11月。

これを活発にすべく設けられたブラックフライデー(黒金、BF)と、これに続くサイバーマンデー(CM)なるイベント。

 

 

「迷う理由が値段なら買いなさい。買う理由が値段ならやめておきなさい。」

という購買行動への格言がございますが、驚愕のプライスダウンを前にすればそんな格言などかすれて消えます。

国内でもDL購入できるDTMソフトや音源が多々あり、大きな賑わいがあったように思います。
財布の紐がヨレヨレになった皆様、何を購入しましたでしょうか。

 

本格的にDTMで遊んでみたいなぁと思っている私が気になったものをいくつか貼らせていただきます。
なかには購入したものもあります...笑

個人的にはMix関係とドラム打ち込み、音作り関係に興味があるのでそこらへんが多いかもしれません。

 

 

 

 

【92%OFF】WAVES - Horizon

f:id:SATA_0326:20171128060916p:plain

WAVES社「Horizon」は92%オフの39,800円。
毎回セールのたびに思いますが、この値下げは一体どうなっているんだ!?

度々強烈なスペシャルプライスセールを設けるWaves社ですが、かつてないほどのプライスダウンです。

これ一つあればMixの大体の事は出来ると聞いています。

購入検討中。
貧乏人にとっては高嶺の花。普段の価格を知っているだけに即ポチってしまいそうです。

 

 

【73%OFF】WAVES - SSL 4000 Collection

f:id:SATA_0326:20171128054928p:plain

WAVES社「SSL 4000 Collection」は73%オフの199$。

ほとんどの個人製作ではDAWで完結する完全デジタル派が多いと思います。
そんなデジタルではどうしても出せないアナログの音の深みを付与するド定番コンソールソフトです。

これまた安い。大胆すぎる値下げはWAVES社の戦略でしょうか。

www.waves.com

 

 

【54%OFF】FXpansion - BFD3

f:id:SATA_0326:20171128060019j:plain

FXpansion「BFD3」は54%オフの19,900円。

ド定番ドラム音源。
私が知る限りではBFD3で一番の値下げではないでしょうか。

拡張パックも50%オフとの事で、ライブラリも充実させるチャンスですね!

www.soundhouse.co.jp

 

 

【47%OFF】Steven Slate - SSD4

f:id:SATA_0326:20171128055945j:plain

Steven Slate「SSD4」は47%オフの79$(国内9,800円)。

これまたド定番ドラム音源。
手頃な価格帯ではありますが、ユーザーの打ち込みを聴くと物凄くコスパが良いのかなと思います。打ち込む方が上手な事も少なからずありますが。

これまた購入検討中。

買う理由が値段なら...ア...ア...

【11/30追記】特設ページはBF期間終了とともに削除されたようです。

slatedigital.com

 

 

【32%OFF】F884 SOUND LAB - IR PACK & RIG PACK

f:id:SATA_0326:20171128060831j:plain

F884SL「IR PACK & RIG PACK」は32%オフの1,500円。

お世話になっているF884SLのIR & RIGです。
贔屓ではなくIR & RIGとして本当に良いので掲載させていただきます。

黒金限定で今月11月30日まで「CR212 MODERN EMI V12 MOD」もワンコイン500円で購入可能とのことです。

 

私は先日購入しちゃいました...笑

f:id:SATA_0326:20171128060218j:plain

計2,000円では考えられないボリューム。

私にとっては改めて音を見直す良い機会となったものですが、音作りは本当に奥深きものです。

巷で流行っている理由は”リーズナブルだから”だけではないと確信を持って言えます。

IRにつきましては、詳しくは後日記事にしたいなと思っております。

 

デモバージョンもあるのでぜひお試しください。

trenoz.wixsite.com

 

ちなみに以前アップした動画ではデモバージョンを使用しております。

sata-0326.hatenablog.com

 

 

 あとがき

今回DTM関係・音作り関係の商品に絞っていくつか気になっているものを記事にしましたが、他にもギター等の楽器や機材自体が安かったりと基本的に何でもプライスダウンする期間です。

Amazonでもサイバーマンデイやるとかなんとか...。

給料日との重なりも相まって、見ているだけでなんでも欲しくなってしまう憎いイベントです。
「こんなの買ったよ!」「こんなのオススメだよ!」なんてものがありましたら気軽にコメントやリプライにて教えて頂けましたら幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

収縮する日経平均

(この記事は約4分でお読み頂けます。)

 ※本記事は投資を推奨するものではありません。投資は自己責任でお願い致します。

 

 

 

先日こんな記事を投稿しました。

sata-0326.hatenablog.com

まずはNYダウ・日経ともに終値ベースで陰線が出る事が変化のように感じます。
天井はExhaustion Gapのような最後の踏み上げが見え、転換時には1990年代のバブル最後の黒三兵(三羽烏のようなものをイメージしておりますがどうなるでしょうか。

 

記事投稿翌日、日経先物12月限では選挙後のExhaution Gapが発生し、レジスタンスラインのひとつ21,900円に差し掛かってからグズリだしました。

黒二兵まで到達しそうになりましたが、後場から買いが入って上へ突破していきました。

 

11/2頃にはレジスタンスライン22,500円に差し掛かってからグズりだし、波の高い暴れたチャートが形成されました。

このラインは想像しうる通常の上げ幅の最上位であり、ここを明確に越えるならこの先はボーナスステージ的な伸びしろがあります。

f:id:SATA_0326:20171126144203j:plain

結果は急激な速度で上へ登ったものの、ボーナスステージ利確ラインのひとつである23,300を挟んで急反転。
再度レジスタンスライン22,500円を挟んだ攻防戦が長くに渡り展開されています。

f:id:SATA_0326:20171126150352j:plain

 

しかし見事な踏み上げ様チャートが形成されています。

f:id:SATA_0326:20171126150552j:plain

ドバイのブルジュ・ハリファみたい(?)

f:id:SATA_0326:20171114123449j:image

11月9日は1日で1,000円近い値幅が動きました。
私含め、踏みあげられた方はたまらずロスカットした事でしょう...。

 

現在日経平均はノイズを落ち着かせながら収縮中。
下げへ転じそうな雰囲気が垣間見えつつありますが、まだ確定は出来ない状態です。

プライスアクションはフラクタル構造です。

f:id:SATA_0326:20171126160839p:plain


小さな波から大きな波へと収束していくものですので、いくら下位足で転換を示そうが、逆方向に向かう大きな波にさらわれてしまうことも少なくありません。

現在の下位足の動きはこんなかんじ。

f:id:SATA_0326:20171126153355j:plain

この一連の波の動きは更に大きな波へと収斂され、このような動きとなっていきます。

f:id:SATA_0326:20171126153408j:plain

このようにどんどん上位足へ収斂されていきます。

f:id:SATA_0326:20171126153420j:plain

先述の通り、逆もあり得るわけです。
いままでの下落は上昇のパワーを貯める為のただの押し目だったという事も十二分にあり得ます。

 

リーチ棒は投げたものの、ダブルリーチ・トリプルリーチではない現状。
日足ではこのような値動きになっています。

f:id:SATA_0326:20171126153331j:plain

日足・週足レベルで確実な反転サインを出して貰わないと安心はできません。

「変化が起こりつつある」という認識で相場を見ていきたいところです。

12月限の山の頂点23,430円までに再度強い反発が見えるなら下落、頂点を越えるなら上昇のボーナスステージ続行です。
もういい加減下方向へ動くような気がしますがどうでしょうか...笑

 

上へのボーナスステージの利確ラインは23,300、次は24,200が予想されます。
下落ラインは21,78021,25020,75020,10019,100。
その先は下落のボーナスステージです。

f:id:SATA_0326:20171126154107j:plain

以前示したレジスタンス・サポートラインはどうやら好評だったようですので今回も書いてみました。

 

エリオット波動を主眼においたプライスアクションの予測は、後出しじゃんけんのようなものでしかありません。 

しかし示したラインで結構な確率で一悶着あるようですので、強気のロスカットを設けて積極的な逆張りとトレーリングストップの応用で、失敗しても微損・微益〜成功すれば良い値幅まで狙えるかと思います。
簡単な計算で出した数値ですので、参考程度にお使いください。 

もちろん12月限での計算式ですので、月を更新した際には再度計算が必要です。

 

波高チャートを連発する日経に目が離せません。
コバンザメのごとく流れに身を任せるスタイルでエントリーしていきます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 ※本記事は投資を推奨するものではありません。投資は自己責任でお願い致します。

 

ふぐひれ酒を作ってみた

(この記事は約5分でお読みいただけます。)

 

 

f:id:SATA_0326:20171116220744j:plain

「ふぐひれ酒」

皆様はご存知でしょうか。

 

Wikipedia曰く、

かつて三増酒のような品質の悪い日本酒が幅を利かせていた時代、鰭は「二級酒を特級酒に変えてくれる」と評され、安い酒を美味しく飲む手段として定着した。
日本酒の品質が向上した現在でも、ひれ酒は独特のコクと風味で根強い人気を持つ。

ひれ酒 - Wikipedia

との事。

そんなツウな飲み方「ひれ酒」の1つとしてふぐひれ酒があります。

 

思えば2〜3年前にふぐ料理店でいただいた時が出会いでしたが、その時は「とても美味しいお酒だった。」くらいの感想でした。 

 

何で今になってやりたくなったのかと申しますと、私は作業の片手間YouTubeで動画を見ていることが多いのですが、ジャンル問わず面白そうな動画があれば何でも見ます。

そんな中、世界的バイオリニストの葉加瀬太郎さんが登場し、急上昇ランキングをかっさらっていった「釣りよかでしょう。」「釣りよかHOUSE」にて紹介されていたのを見て思い出しました。

www.youtube.com

良いリアクションですよね笑
改めて見るととても美味しそう!

 

普段はほぼお酒なんて飲みませんが、これからの寒い季節にもピッタリですし、せっかくなら自宅でやってしまおうと思った次第です。

ネットでお見かけした「ふぐひれ酒の作り方」を参照しながら作っていきます。

marron-dietrecipe.com

宜しければお付き合いください。

 

 

今回購入したのはこちら。

f:id:SATA_0326:20171116221039j:plain

 

上野珍味 とらふぐのひれ 10g 

「焦げ目がつくくらいに炙り、酒一合に1〜2枚入れてください」との事。

 

お酒は菊水(一番しぼり)を選択しました。

f:id:SATA_0326:20171116221207j:plain
ふぐひれ酒にはクセのないお酒が良く合うそうです。

日本酒は大好きですが、先述のとおり普段は飲まないので1合(180ml)だけにしておきます。
ハタチなりたての頃はいくらでも飲めましたが、今では缶ビール1本・日本酒1合が美味しく飲める限界になってしまいました。
二十代前半なのにすっかり弱ってしまった...。

 

日本酒は80度以上のアツアツの熱燗にする必要があるそうなので、お湯につけるなりレンジでチンするなりします。

今回はレンチンです。簡単に越したことはありません。

 

その間にとらふぐのひれを炙ります。

f:id:SATA_0326:20171116221335j:plain

アルミホイルの上に置きオーブンでじっくり。

 

表面がプツプツしたのち焦げ目が付いてきます。
このタイミングでストップ。

f:id:SATA_0326:20171116221433j:plain

なんだか写真で見るとグロテスク。

魚を焼いた時のような香ばしい良い匂いです。そりゃそうか。

 

炙ったふぐひれを器に入れ、上からアツアツの日本酒をかけます。
この時器に蓋をして60秒ほど蒸らします。

f:id:SATA_0326:20171116223125j:plain

ここから出来上がるまでの写真を忘れたので動画の切り抜きを貼ります笑

 

60秒後、蓋を開け火を近づけると...。

f:id:SATA_0326:20171116222424g:plain

心地よい音とともに一瞬青白い炎が上がります。
ふぐひれ酒のインパクトが増す瞬間ですね!

 

あとは30秒〜60秒ほど旨味が出るまで待ちます。

f:id:SATA_0326:20171116220744j:plain

写真ではわかりにくいですが、日本酒が若干黄色になっています。

 

30~60秒後ふぐひれを取り出します。

f:id:SATA_0326:20171116223506j:plain

取り出すふぐひれがもったいなく感じてしまいますが、入れっぱなしにするとエグ味が出ちゃうそうです。 

これにて完成!

 

いざ実飲。

あぁ、こんな味だったなぁと思い出しながらいただきます。

炙ったふぐひれの香りがそのままダシとして出ているような、独特ながらも強烈な旨味と香りです。
美味しい物を食べた時に頬が痛くなるような感覚というと分かりますでしょうか。
そんな旨味がドバッと押し寄せます。美味しすぎて頬が痛い!

この香りと旨味が非常に憎い(?)もので、飲みきった後でも余韻が続きます。
根強い人気なのも頷けます。

 

たしかに好き嫌いは分かれそうですが好きな方はどハマりすると思います。

熱燗なので身体がポカポカするのも心地良い。
これからの冬にはもってこいですね!

温めた1合分の日本酒は美味しくいただけました。

 

 

後日改めて作ったりいろいろ試してみました。

f:id:SATA_0326:20171116223933j:plain

①ふぐひれが炙りたりないと生臭い。
②炙りすぎると焦げ臭い。
③ふぐひれ酒を温め直すと味が荒くなる。
④ふぐひれを再度入れて温め直すとエグ味と塩気が一気に増す。

私の場合は作ってすぐの温かいうちに飲むのが一番美味しく感じました。
炙り具合も好みかもしれませんが、生臭いよりは炙りすぎたほうが絶対に美味しいです。

 

まだふぐひれも日本酒も残っていますので、ちょこちょこ楽しんでいきたいと思います。
日本酒が好きな方も、ふぐひれ酒に興味が湧いた方もぜひお試しください!

 

余談ですが、ふぐひれを探していた時にこんなものも見つけました。

お歳暮 ふぐひれ酒に負けない旨さ 焼あご40g

アゴダシが出ておいしそう。

レビューを見る限りではふぐひれに匹敵するほど美味しいとの事。 

機会があったら試してみたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

さみしい壁を絵画ポスターで彩る

 (この記事は約2分でお読みいただけます。)

 

 

たまにはかるーい記事でも...ということで、今回は箸休め的な記事となっております。

f:id:SATA_0326:20171102044229p:plain

先日室内の壁の一部が老朽化でボロボロになっていたので、家族総出でセルフ修繕工事を行いました。
せっかく壁も綺麗になったのですがまっさらすぎて少々寂しい。

ということで、”風水的にはどうだ”なんて良くわかりませんが絵画を飾る事にしました。

 

もちろんホンモノの有名絵画なんて高価すぎて買えません。
印刷されたペラペラのポスターです。

でもこれがなかなかに良いもので、額縁に入れるとさまになるような気がします。

 

当ページのサムネイルでネタバレしておりますが、今回はゴッホ「花咲くアーモンドの枝」を選択しました。

ラップの芯を大きくしたようなダンボールに丸めた状態で入ってきます。

f:id:SATA_0326:20171014045302j:plain

「そんなのどこで売っているの?」なんてよく聞かれる事がありますが、私はAmazonから購入しております。

 

今回は壁掛けするので、ポスターの大きさに合った額縁も購入しました。

f:id:SATA_0326:20171014045444j:plain

ポスターが610mm×915mmと大きいサイズなので額縁もデカい...!

 

この額縁の良いところは、ドライバーが必要なくコインだけで開閉ができる事です。

f:id:SATA_0326:20171014045539j:plain

ドライバーを持っていない方もいらっしゃいますからね。簡単なのは大切な事です。

 

もちろん取り付け用の金具も付属。

f:id:SATA_0326:20171102043416j:plain

縦でも横でもかけられるフックと紐です。

 

額縁に絵画ポスターを入れるとこんな感じに。

f:id:SATA_0326:20171014045631j:plain

想像以上にさまになるように思います。

 

せっかくなので既に持っていたゴッホ夜のカフェテラスとの2ショット。

f:id:SATA_0326:20171014045725j:plain

どちらも大きい610mm×915mmサイズで存在感抜群です。

 

さっそく修繕された壁に飾ってみました。

f:id:SATA_0326:20171014045837j:plain

良いかんじではないでしょうか!

これを見た友人いわく「インスタ映えしそう。」との事。
こんなのでもインスタ映えするのか...?

何はともあれ暖色の照明も相まって良い雰囲気になってのではないでしょうか。

 

今回は絵画ポスターを選択しましたが、Amazonで探してみると油絵のような絵画であったり、複数に分かれている斬新なデザインの絵画も見つかります。

 

「壁が寂しいから何か飾りたい」「インスタ映えさせたい(?)」なんてお考えの皆様はぜひ検討してみてはいかがでしょうか!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。