あるあぷ

あるあぷ

Algorithms Upgrade In Daily Life !

あるあぷ

ペンタブのワイヤレスキットを導入してみました

(この記事は約5分でお読みいただけます。)

 

 

f:id:SATA_0326:20171012121001j:image

イラストはもちろん、速度重視のデイトレードDTMのベロシティ調整、マウスでは困難な細かい画像編集などなどさまざまな分野で活躍するペンタブレット

 

しかしてこのペンタブですが、コードが非常に気になりませんか...?

f:id:SATA_0326:20171010003744j:plain

遅延という意味では有線に勝るものはありませんが、掃除やちょっと場所を変えての作業には厄介なものです。

 

何か良いものはないかと探していたところ、公式からワイヤレスキットなるものを発見。即購入しました。
今更ながらワイヤレスキットのレビューをしていきます。

 

 

 

 

 

忙しい方向けにざっくりと

  • 対応するワコム製の板タブをワイヤレス化
  • 約6時間充電
  • 充電中も有線で使用可能
  • バッテリー寿命は約5〜15時間
  • ほぼ遅延なし
  • 3m以上離れても使用可能
  • 入力ないまま約5分で自動的に電源OFF

 

 

 

ワコム板タブをワイヤレス化

見つけた商品はこちら。

f:id:SATA_0326:20171010001929j:plain

ワイヤレスキット ACK-40401

そもそもワイヤレス化出来るなんて知らなかった...!

 

対応機種は以下の通りです。

  • Bamboo CTH-470/670
  • Intuos 5
  • Intuous Pro

私のペンタブはIntuos 5 Mサイズ、現在の名称で言うところのIntuos Pro Mサイズ(2014年モデル)です。

 

 

内容物はこの3つと説明書。

f:id:SATA_0326:20171010002145j:plain

非常にシンプル。
早速3つのパーツをペンタブにはめていきます。

 

ペンタブをひっくり返すと裏側にフタのような物があります。

f:id:SATA_0326:20171010002249j:plain

 

コレを外して。

f:id:SATA_0326:20171010002435j:plain

 

バッテリーと発信機(?)を付ける。 

f:id:SATA_0326:20171010002610j:plain

 

カッチリハマりました。

f:id:SATA_0326:20171010002727j:plain

 

ケーブルを繋ぐと充電が開始され、オレンジ色のランプが点灯します。

f:id:SATA_0326:20171010003020j:plain

充電中の状態でもいつも通りペンタブは使用可能です。

 

ちなみに発信機の横には小型USBの受信機(?)が収納可能です。

f:id:SATA_0326:20171010003126j:plain

無くす心配がなくてとても良い。

 

およそ6時間で充電が完了し、ランプが緑色に変化します。

f:id:SATA_0326:20171010003257j:plain

 

この状態になったら小型USBをPCへ接続。

f:id:SATA_0326:20171010003532j:plain

 

自動でドライバのインストールがされ、タスクバーにこんなアイコンが出てくるようになったら接続完了。

f:id:SATA_0326:20171010003432j:plain

あっという間に設定が完了しました。超簡単。

これでいつも通りにペンタブが使用可能です。

 

説明書では5〜15時間ほどの連続使用が可能なようです。
最初は長寿命でしょうが、バッテリーですので徐々に劣化していくのは仕方がないかな。

 

ちなみにですが、ペンタブへの入力がないまま一定時間(約5分)が経過すると、自動で電源がOFFになります。
再度ONにするには、ランプの横にある電源ボタンを押すか、ペンタブのファンクションキー中央の機能切り替えボタンを押すだけです。

f:id:SATA_0326:20171014044050j:plain

 

 

 

使用感

遅延はほぼ気にならないレベルでいつも通りに作業が可能です。

f:id:SATA_0326:20171014044344j:plain

USB(受信機)から離れた使用感も悪くありません。3mほど離れても問題なく動きますし、さほど遅延も感じないレベルでした。

バッテリーは思った以上に長寿命でしょうか。イラストを描いたり、株や先物・FXの売買をして13時間くらいは持ちました。

5分で自動的にOFFになる機能は良くも悪くも思います。
有限のバッテリーを維持するのは大変ありがたいですが、5分以上離席して戻ってきて「さぁ作業再開するぞ!」って時には電源を付け直す必要があります。

もしかしたらこの動作1つ挟む事をストレスに感じる方がいらっしゃるかもしれません。

 

とはいえ、鬱陶しいケーブルから解放されただけでも購入した甲斐があるというものです。
値段を考えれば非常に良いものかなと思います。

 

 

 

あとがき

今回は公式のワイヤレスキットを使用して、ペンタブ(板タブ)をワイヤレス化しました。
先述の通り、鬱陶しいケーブルから解放されただけでも購入した甲斐があるというものです。

ペンタブ周りはすっきり。

f:id:SATA_0326:20171010003400j:plain

これで動くなんて素晴らしいですよね。

 

液晶タブレットでは画面出力の為にHDMI等のケーブルが必須ですが、板タブレットなら無線も可能。
ガジェット・デバイス関係は便利は勿論、手軽というのも重要な要素かなと思います。

イラストはもちろん、その他作業をされる方にもペンタブとともにワイヤレスキットを是非オススメしたく思います。

 

デスク上を見て改めて思いました。

サブデバイストラックボール等、他デバイスのケーブルが気になる...。
ワイヤレス化したくなってしまうのは悪い性分ですね(笑)

悩みは尽きません。

 

おまけ。

ワイヤレス化したペンタブ+CLIP STUDIO PAINT PROで描いたガヴリール。
申し訳程度のハロウィン要素を添えて。

f:id:SATA_0326:20171010005338j:plain

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【TAB譜あり】Andy James - VictoryのRick Grahamソロを弾いてみました

(この記事は約3分でお読みいただけます。)

 

f:id:SATA_0326:20171012215642j:plain

久しぶりにギターソロを弾いて動画にしてみました。

Twitterに投稿しておくだけにしようかな〜と思っておりましたが、せっかくなのでブログでも貼らせて頂きます(笑)

 

動画はこちら。_gt/status/91700797

644729

9584

ご試聴ありがとうございました!

 

 

 

Andy JamesのExodusというアルバムの「Victory」という曲です。

ゲストギターにはRick Grahamを招き、エゲツない速度の中でメロディアスなフレーズが印象的な曲となっています。

www.youtube.com

ソロのみはこちら。

www.youtube.com

うーん、本当に難しいソロ!

私の動画ではめちゃくちゃな脚の組み方で弾いておりますが、こうでもしないとソロ前半のハイブリッドフレーズでカッタウェイに手の甲がぶつかります。マジキツイ。

 

 

主な使用機材は、Suhr Modern、Axe-FXⅡ、Cubaseです。

ピックは自作のPEEK材6mm厚の物を使用しました。

f:id:SATA_0326:20171012224127j:plain

 

音作りでは884IRを使用しています。

気になった方は是非チェックしてみてください。

trenoz.wixsite.com

無料のデモバージョンだけでも物凄いボリュームです。
IRの詳細については今後記事にてご紹介いたします!

 

今回は動画内でカバーした部分のTAB譜も作成しました!

dotup.org

パスワードは「victory」です。

なんだかリズムがおかしなところがあるように思います...。
参考程度にお使いください。

 

そうそう。
このソロを頑張ってコピーし終わった後にこんな動画を見つけました。

www.youtube.com
Rick Graham自身による解説動画。

頑張ってコピーしていた私の苦労は一体...!
理論も説明しながら丁寧にソロを追っていく動画ですので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

また時間がありましたら演奏動画を撮っていきたい所存です。

ブログに貼っていないような動画も多々ありますので、気になりましたら私のTwitterもご確認ください。

twitter.com

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

傷付いた革財布はサフィールクリームで修復できるのか

(この記事は約5分でお読みいただけます。)

 

f:id:SATA_0326:20170922031911j:plain

やらかしてしまいました\(^o^)/

自転車に乗っていた際、お尻のポケットから財布が飛び出てアスファルト上をズザーッと。

財布に限らず革製品を使っていれば傷付くことなんてしょっちゅうですが、ここまで深く傷付くことはなかなか無くてちょっとショックです。

 

f:id:SATA_0326:20170922032920j:plain

ちょっと分かりにくいですが、60〜120番のヤスリでつけたような引っ掻き傷。

 

f:id:SATA_0326:20170922032141j:plain

ピント合ってませんが、ここらへんなんて革の端破けちゃってますからね。

 

「ビンテージ加工だよ!」と人様をだますにも少々無理のある傷。
社会人になった初任給で買った少し高価な財布なので思い入れが強いのです。

素材はブライドルレザーですが、すっかりブルームも取れ光沢が出てきた頃合いでした。

 

傷ついた財布を見ながらふと思いました。

「お手入れで使っているサフィール(SAPHIR)カラー補修クリームなら粘性強いし、小傷くらいなら見えなくなるのでは。」

貧乏性の私なので傷付きながらも使い続けるつもりですし、せっかくならダメ元でやってみようではありませんか。

 

 

 

 

 

サフィール(SAPHIR)カラー補修クリーム 

着色された革製品を使用していると、曲げや擦れ、乾燥等で少しずつ脱色されてきます。
この小傷や脱色も味と言えば味なのでしょう。

でも一部分だけ脱色が強調された革製品は、味というより手入れ不足に見えてしまいます。

そんな時にこのサフィールクリームは良いもので、脱色部分に塗布することで定着してくれます。
もちろん革製品のカラーに応じるため、たくさんのカラーバリエーションでラインナップされています。

 

商品説明欄では「キズをカバーし...」との事。

藁にもすがる気持ちで塗布してみましょう。

 

 

 

手入れがてら塗布する

今回はこちらを使用します。

f:id:SATA_0326:20170922030257j:plain

  • Collonil 1909 シュプリームクリーム
  • MOWBRAY デリケートクリーム
  • MOWBRAY ステインリムーバー

 

f:id:SATA_0326:20170922030345j:plain

  • ブラシ(馬毛が良いらしい)
  • SAPHIR カラー補修クリーム(ネイビーブルー)
  • 磨くための布類

 

まずはブラシでホコリを落とし、ステインリムーバーで過去に塗ったクリームを剥がしていきます。

革財布にステインリムーバーは賛否両論あるみたいですが、革製品の厚化粧は劣化が早くなると聞きますし、私はいつも使っています。

 

光沢が剥がれて革地が出て来ました。

f:id:SATA_0326:20170922032920j:plain

この時点でも傷がよく分かりますね。

 

ここからサフィールクリームを塗っていきます。

かなり粘性のあるクリームなので、うすめ用クリームで緩くしてから使用するのが一般的です。

そんな薄めるためだけのクリームをわざわざ買うお金はありませんので、Collonil 1909 シュプリームクリームと混ぜて緩くしながら使用します。

 

塗布の際には服の切れ端を使用。

f:id:SATA_0326:20170922030454j:plain

革靴の手入れでも同様にいらなくなった布や着古した服を使っているのですが、何が最適解なんでしょうかね。

 

塗布して少々放置。
乾燥後に改めて乾拭きします。

 

 
この間に内側のヌメ革部分にもクリームを塗布しておきましょう。

f:id:SATA_0326:20170922030728j:plain
曲がるストレスがかかる部分にデリケートクリームを、その他の部分にはCollonil 1909 シュプリームクリームを塗布しました。

 

ブライドルレザー部分の乾燥終了。
乾拭きしていきます。

サフィールクリームは革靴で言うところの靴墨+パレードグロスのようなもので、革表面のデコボコを埋めてくれます。
ハイシャイン磨きの如く、更に磨く事で光沢が出て来ます。

f:id:SATA_0326:20170922030911j:plain

ずいぶんと傷が目立たなくなってきました。

 

乾燥後に改めてシュプリームクリームを塗り、更に磨いて光沢を出していきます。

この工程ではストッキングを使用しています。

f:id:SATA_0326:20170922032621j:plain

ストッキングは目が細かいのでよく磨けるとかなんとか。

 

すべての工程が完了しました。

いかがでしょうか。

f:id:SATA_0326:20170922033747j:plain

光に当てても小傷はほとんど見えなくなったように感じます。

f:id:SATA_0326:20170922034203j:plain

破れた部分はまずまずなところ。
もう何回かシュプリームクリームを塗布して磨けば光沢が出て馴染みそうなかんじです。

 

全体像はこちら。

f:id:SATA_0326:20170922032516j:plain

ぱっと見ではアスファルトの上を転がったようには見えなくなりました。

ある程度の修復が効いて良かった...。

 

私の財布の場合は革が傷んで使えなくなるより先に、糸がほつれて使えなくなりそうです。
セルフ修繕も視野に今後も使用していきます。

 

 

まとめ・あとがき

サフィールクリームを使用して革財布の手入れ兼小傷の修復をしてみました。
思った以上に深い傷でも修復が効くようです。

革財布だけでなく、革製品ならなんでも使用出来るようですし、傷や色ムラ等が気になる方は是非挑戦してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

マクロの世界を描出する

(この記事は約10分でお読み頂けます。)

 

 

f:id:SATA_0326:20170928004250j:plain

マクロの世界を描出する

通常のレンズではなかなかピントの合わせにくいマクロの世界。
小さな被写体を撮る事が多い私には、クローズアップレンズは欠かせない物となっています。

「標準ズームレンズ使っているのに、小さい被写体をどうやって撮っているの?」と以前ご質問頂いた事がありましたので、せっかくですからブログにてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

ざっくりと

  • マクロレンズ・クローズアップレンズを使用する事で最短撮影距離を短く出来る
  • 画角が狭くなる
  • マクロ機能付きレンズは歪みが少ない
  • 対してクローズアップレンズは多少歪みが発生する
  • マクロ機能付きレンズは比較的高額
  • 対してクローズアップレンズは比較的安価

 

 

 

マクロとクローズアップの定義

大変分かりやすい解説をされているサイトがありましたので、ご紹介させていただきます。

www.45f.flt1195.com

  • 「マクロ撮影」とは、撮影倍率が1/4倍かそれ以上の倍率で撮影すること
  • 「クローズアップ撮影」とは、被写体をなるべく大きく写そうとすること
  • 「クローズアップ撮影」とは、「マクロ撮影」を含んだ接写や近接撮影全般を指す

たびたび問題視されるマクロとクローズアップの定義ですが、メーカーによってマチマチなのは事実です。

クローズアップという大きな撮影手法の中でマクロという分野が存在するような感じでしょうか。

ややこしい話、難しい話は置いておいて、当ページでは「マクロとクローズアップは近寄って大きく写す。」という同じ意味合いにて使用していきます。

 

 

 

クローズアップレンズの恩恵

カメラはレンズを通して被写体を映像素子に写し写真を生成します。
カメラ本体の映像素子から被写体までの最短で撮影可能な距離を最短撮影距離と言います。

レンズの最短撮影距離とは 最短撮影距離の意味

f:id:SATA_0326:20170930123941j:plain

 

「最短撮影距離」なので、当然ですがこれ以上近寄るとピントが合わず撮影出来ません。

小さい被写体を撮ろうとグンと近づいたらピントが合わなくて撮れなかった、なんて経験をされた方も多いと思います。

 

これを更に近づいて、小さな被写体を大きく撮影可能に出来るのがクローズアップレンズです。

詳しい撮影距離等の計算方法についてはn倍煎じとなりますので、大変分かりやすいサイトをいくつかご紹介させていただきます。 

oceana.ne.jp

被写体に寄ってもピントが合う、画角が狭くなるの2つが特徴ですね。

このクローズアップレンズはいわばルーペのようなものですので、光学的要素の露出倍率やシャッタースピードは変化しないというのも特徴です。

 

 

 

マクロ機能付きレンズかクローズアップレンズか

どちらも一長一短。
どちらが良い、どちらが悪いというものではありません。

当然ですが、レンズのアライメントやディストーション(画面の歪み)を考慮するなら確実にマクロ機能付きレンズです。
微細な範囲すらも完璧なパースペクティブで描出するならこれに敵うものはありません。

しかしマクロ機能付きレンズは非常に高額です。

これはなかなか...。ちょっと買おうかなレベルで手が出ません。

対してクローズアップレンズは比較的安価。

今あるレンズでマクロエリアを撮りたいのでしたらクローズアップレンズを購入する方がお得ではないでしょうか。

しかし先述通り、クローズアップレンズは多少なりともディストーションが出てしまいます。

f:id:SATA_0326:20170930123727j:plain

方眼紙やマス目のついた物の上で撮影するとディストーションが顕著に確認できます。

 

環境さえ変えてしまえば、違和感はなくなります。

f:id:SATA_0326:20170927060933j:plain

出来るだけ撮影環境をごまかしながら撮影したい所ですね。

 

 

 

クローズアップレンズを装着する

私が数年前に購入したクローズアップレンズ。

f:id:SATA_0326:20170928010847j:plain

Kenko - AC CLOSE-UP No.5

Kenko製のレンズで、No.1〜No.10までラインナップされている中の5番目です。

ナンバーが上がるほどに更に被写体との距離が寄れるようになっています。

このクローズアップレンズは組み合わせることで更に接写が可能となります。
いわゆる「虫の目カメラ」のような、ドアップでインパクトの強い写真にも対応可能です。

 

ちなみにですが、お持ちのレンズ径とクローズアップレンズ径が合わない場合には、ステップアップリング・ステップダウンリングを使うとカッチリ付けられます。

f:id:SATA_0326:20170928010914j:plain

f:id:SATA_0326:20170930124133j:plain

お安いですし一眼をお持ちなら1セット持ってても損は無さそうです。

私は間違ったサイズのクローズアップレンズを購入してしまったので持っています(笑)

f:id:SATA_0326:20170930123637j:plain

 

さてこのクローズアップレンズですがレンズフィルターをつける感覚で、レンズ先端にねじ込んで取り付けます。

取り付けるとこんな感じ。

f:id:SATA_0326:20170927064036j:plain

レンズがちょっと伸びたような感じですね。

 

f:id:SATA_0326:20170927225943j:plain

Canon EOS X50+標準ズームレンズに取り付けております。

個人的にはスタビライザー(ブレ防止機能)が付いたズームレンズで使用するのがオススメです。

このクローズアップレンズは細かい部分にピントが合うので、微細なブレが大きく出てきてしまいます。

ピント範囲もシビアになってくるので、ズームレンズ+AF(オートフォーカス)でピントを合わせ、スタビライザーでブレを補正するのが簡単でカッチリはまるかなと思います。

 

私の愛用するSIGMA - dp0 Quattroにも付けてみました。

f:id:SATA_0326:20170928011151j:plain

 

ものすごくイカツイ。

f:id:SATA_0326:20170930124230j:plain

 

 

 

クローズアップレンズを使用する

何も面倒なことはありません。
いつも通り撮るだけです。

広角レンズや標準ズームの広角域では画面の四隅に黒いフチが映ることがあります。

f:id:SATA_0326:20170928014642j:plain

これはケラレというもので、クローズアップレンズ筐体の一部が写っちゃっている状態です。
広角では仕方のないものです。
ズームレンズならズームする事で解消します。

画質の良いカメラであるなら、ケラレが見えたまま撮影し後でトリミングするというのもアリだと思います。

f:id:SATA_0326:20170927060740j:plain

いかがでしょうか。

言われなければトリミングの違和感感じないですよね。

 

 

 

無理矢理使用する

このクローズアップレンズですが、一眼レフではない普通のデジカメ等にも使用可能です。
保証されていない使い方ですので自己責任でお願い致します。

 

使い方は簡単。
デジカメで撮影する際にレンズの前にクローズアップレンズを押さえつけて撮影するだけ。

こんなかんじ。

f:id:SATA_0326:20170928011304j:plain

チカラワザが過ぎますが、これでもマクロエリアの撮影が可能です。

最近ではフィルターアダプターなる物も販売していて、デジカメにもレンズを取り付ける事が可能なようです。

(ポロッと取れてレンズが落ちそうになった等のレビューが多いのが気になりますが...。)

ちなみにiPhone等のスマートフォンでも無理矢理使用可能です。
一風変わったクローズアップフォトでインスタ映えでも狙ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

作例

ここからはクローズアップレンズ(No.5)を使用した作例をご紹介します。

 

モンスターと真空断熱タンブラー。
炭酸の微細な泡にピントがカッチリ合っています。
SONY - DSC-RX100

f:id:SATA_0326:20170927060933j:plain

 

10分どん兵衛
Canon - EOS Kiss X50+EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS Ⅱ)

f:id:SATA_0326:20170927061209j:plain

 

ノンフライのカップ麺。
Canon - EOS Kiss X50+EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS Ⅱ)

f:id:SATA_0326:20170927061050j:plain

 

さきほど登場した唐辛子。こんなにいっぱい何して使おう...。
SIGMA - dp0 Quattro、トリミング)

f:id:SATA_0326:20170927060740j:plain

 

クローズアップレンズを使いながらあえて広角気味に。
Canon - EOS Kiss X50+EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS Ⅱ)

f:id:SATA_0326:20170927061312j:plain

 

こちらもクローズアップレンズを使いながら広角に寄せて撮っています。
Canon - EOS Kiss X50+EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS Ⅱ)

f:id:SATA_0326:20171001032513j:plain

 

ピックネックレス(バックアイバール)。
Canon - EOS Kiss X50+EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS Ⅱ)

f:id:SATA_0326:20170930225146j:plain

 

ピックネックレス(青から黄色へグラデーション)。
SONY - DSC-RX100

f:id:SATA_0326:20170927061524j:plain

 

ピックネックレス(左からバーズアイメイプル、シカモア、キルトメイプル)。
SONY - DSC-RX100

f:id:SATA_0326:20171001030156j:plain

 

バッグインバッグ
SONY - DSC-RX100

f:id:SATA_0326:20170927061646j:plain

 

バーズアイメイプルの木肌。
SIGMA - dp0 Quattro、トリミング)

f:id:SATA_0326:20170927232021j:plain

 

辻利の抹茶ケーキサンド。
SIGMA - dp0 Quattro、トリミング)

f:id:SATA_0326:20171001025438j:plain

 

珈琲豆。豆の割れた部分すらもカッチリ撮れています。
SIGMA - dp0 Quattro、トリミング)

f:id:SATA_0326:20170928004250j:plain

 

ハイエンドどら焼き。
SIGMA - dp0 Quattro、トリミング)

f:id:SATA_0326:20170930224944j:plain

 

画角が狭いので被写体を大きく映すダイナミックさも大きな魅力だと思います。

これを利用した作品も面白いかもしれません。

あくまで一例ですが、適当な文章やイラストを用意して、クリッピングマスクで上から画像を被せる等...。

 

視認性を犠牲に、画面いっぱいの被写体に文字を書くのもアリかもしれません。

f:id:SATA_0326:20171001032228j:plain

クリスタ付属のカリグラフィにて描いてみました。
さながらどこぞの広告のようですね(小声)

 

 

 

まとめ・あとがき

クローズアップレンズの使用と作例について簡単に纏めてみました。

お財布と相談しながらマクロ機能付きレンズか、クローズアップレンズかをご選択頂けましたら良いかと思います。

手軽に一風変わった写真を撮りたい、小さな被写体を撮りたい方は是非ご検討ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

置き換え食としてMRPを開始して満3ヶ月が経過しました

(この記事は約5分でお読み頂けます。)

 

 

f:id:SATA_0326:20170611120237j:plain

忙しい時の置き換え食として食事代替の粉(MRP:Meal Replacement Powder)を始め、満3ヶ月が経過しました。

実際に長期間飲んだ感想も教えて欲しいとメールやコメントを頂きましたので、たった3ヶ月ではありますがせっかくなのでブログにてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

始めた頃と現在の感想

はじめにMRPを始めた頃の記事をお読み頂けましたら幸いです。

sata-0326.hatenablog.com

 

まずはたくさんの閲覧、本当にありがとうございます。

驚くことに当ブログの総アクセス数の3割以上が、上記MRPのページに集中しているようです。

何処かでご紹介頂いているのでしょうか。
何はともあれ嬉しい反響です。

 

この3ヶ月は普段と特に変わりなく過ごし、あくまで置き換え食としてMRPを使用しました。

始めた頃の感想を要約しますと「美味しいし腹持ちも悪くないから続けられそう」と申しました。

 

現在もこのMRPを利用していますが、最初の頃と感想に変化ありません。 

f:id:SATA_0326:20170927062621j:plain

なんやかんやでもう3袋目です(笑)

 

甘すぎないココアの味はとても気に入っておりまして、飲み物としても美味しい部類に入るように思います。

f:id:SATA_0326:20170611120725j:plain
個人的には水で溶かして飲むのが一番でしたが、牛乳・低脂肪乳で割ったりなどで飽きること無く飲むことが出来ました。

 

忙しかったり集中していて食事するのも面倒な時には積極的に利用していましたが、粉の量で腹持ちを調整できる点も非常に良かったです。
むしろ満腹中枢が満足しすぎると睡魔が襲ってくるので、ちょうど良い空腹感で集中できました。

さすがに一日中これだけで過ごすとお腹が減りますけどね。

 

 

体調面の変化

体調面ですが、これまた問題なく過ごせました。

7月中はとても忙しくてMRPを飲む回数が多かったように思いますが、体調崩すことはありませんでした。
少々顎関節症で苦しんだ期間がありましたが、そんな時でもMRPを飲んで過ごしていました。万能かよ。

太る要素が少ない物ですので当然のごとく痩せはしましたが、むしろ余分な肉が落ちて引き締まったかな...と。
普段からよく歩くもので、体調の悪い日に感じる腹圧の効いてないような体幹動揺やクリアランス低下もさほど無かったように思います。

ここらへんはプラシーボ的な効果が完全に含まれていない、とは言えないのでなんとも言えない所ですけどね。

 

 

まとめ・あとがき

たった3ヶ月程度ですが、置き換え食としてMRPを使用した感想を綴ってみました。
個人的には便利で良いものだな、と言うのが正直な感想です。

様々な商品がラインナップされている現在ですので、空腹感に苦痛を感じるのなら低GIのMRPを選択する、あるいはチアシード等を混ぜて噛む動作で脳みそを誤魔化すと言うのもアリかと思います。


用途によってはカルシウムやタンパク質粉末を混ぜる等の応用が効くのも強みでしょう。 

私の知人はウェイトゲイン目的でホエイを混ぜて食後に飲んでいるようですが、順調に体重が増えているとの事。

ちなみにウエイトゲイナーなる王道のプロテインがございますが、甘すぎて少し飲みにくいとかなんとか。

継続できる条件は「美味しい」「簡単」「安い」の3つですからね。

 

私は常温の水で溶かして飲んでいましたが、熱湯で溶かして温かく飲みたいなんて方もいらっしゃるようです。
ホエイは一定温度を超えると熱変性を起こしてダマになったり、消化しにくくなるそうなので避けたほうが良さそうです。

たんぱく質の熱変性 - 東毛酪農業協同組合

f:id:SATA_0326:20170927060002g:plain

顕著に熱変性していく様子がご確認いただけます。

加熱するなら人肌程度にするか、熱変性しにくいソイプロテインカゼインプロテインにする等の工夫が必要です。

 

ルクアップ・ウェイトゲインにも興味のない私ですので、あくまで置き換え食として今後も使用していく予定です。
せっかくなので次は他のMRPも試してみたいですね。

見るからに日本製品ではない商品名してますが、米Amazonページではなかなかに好評な様子。

「Taste is not nasty.」

味はまぁ悪くないとの事。

現在のMRPでも不満な点はほぼありませんが、更にコストパフォーマンスを求めて購入してみたいと思います。

新しいMRP等を購入した際にはまたブログのほうにてご紹介する予定です。

レビューはごゆるりとお待ち頂けましたら幸いです。

 

そうそう、余談ですが完全食COMPがグミを出したそうです。

www.comp.jp

UHA味覚糖とのコラボレーション。

f:id:SATA_0326:20170927055316j:plain

これも気になりますね。美味しそう!

皆様ご存知の通り、噛む動作は満腹中枢が喜びます。
グミなのでMRP以上に手軽なのも魅力的ですよね。

バッグにでも仕込んでおいて、お腹が減ったらちょっとつまめば良いものですからね。

 

閑話休題

忙しいけど何も食べないのは体に悪そう、なんて考えられている皆様。
選択肢の1つとしてMRPというのはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。